光ファイバやインターネット網の発展

光通信技術関連の市場とグループ関連企業

光線ファイバ回線のほうが単位時命中に発信できるインフォメーション量が多いからです。例えば、スカパー光線などでは、HD画質の画像を光線ファイバを使って発信しています。

ADSLだと、HD画質の画像はさすがに送れませんし、安定性にも問題があります。地デジ画像だと、16.8Mbpsばかりなので、このをインターネットを使って配信するにはこの数量倍のスピードが座りして確保できる入り用があるでしょう。BSデジタルだと24Mbpsです。

再配信にしても、目下の配信画像はADSL向けに画質を抑えてありますが、光線ファイバ向けに指定すれば(そしてPCの処分才能が高くなれば)、より高い画質で送るわが可能になります。通信が放送を代替するには、少なくとも放送と同程のインフォメーションを送れなければならないいわれで、ADSLでは放送を代替するわはできません。

末が見えない、といいますが、デジタル放送への移行はもう確定方針です。作製側のHD収拾は進んでいますし、アンテナ尖塔を初めとしたインフラも整備されているので、この以上アナログ放送と並行するのは経費面から行っても好ましくありません。極度な話、人民皆に地デジチューナーを無銭配付してもアナログ放送と並行する経費に比べれば安いでしょうし、なによりテレビメーカーがデジタルチューナー製品しか出さなくなっています。

また、通信技能の発展で放送が入り用なくなる、という諫言についても、末に述べたように放送で伝送できるインフォメーション量は非常に多いので、このを上回る通信回線が整備される便益にはまだまだ10年以上かかるでしょう。BSデジタルで24Mbps、例えば2プログラム同時ビデオとなれば、この2倍のインフォメーションを同時に伝送する入り用があります。このが通信によって可能になるのは・・・いつごろでしょう。

データセンターに自己常用のルータを設立し、各プロバイダと、IX経由か、常用輪郭で連絡する。このルータだけで、軽く数百万円~数千万円はする品です。自己の場合に「光線ファイバがある」としても、そのが「どこらに繋がっているか」が問題です。私邸~データセンターはその光線ファイバを使ってください。

なお、このような回輪郭は、月間で数十万円~数千万円かかります。電柱であれ地底であれ、その土を買うか、土の所有者から借りなければならない。NTTなどの通信事業家から輪郭だけ借りるとしても、めちゃくちゃ高い。本当はNTT災いかも土所有者等から借りているところは、土リース料は払っています。

さて、穏やかデータセンタと私邸が光線ファイバで結ばれたとしても…インターネットに連絡は出来ません。物理的に連絡しただけでは通信は出来ないおかげで、ほかのプロバイダにルーティング仮定をしてもらわなくてはなりません。そして、「プロバイダ同士の連絡」として、ほかのプロバイダとピア輪の約束を結ばなくてはいけません。つまり「インターネット」というのは「プロバイダ同士の相互連絡」で成り立っている品ですから、どれを行わなくてはどうにもならないんです。

データセンターは、いつかのデータセンターを借りるなら、数十万円~数千万円が毎月かかります。自前でデータセンターまで建造するとなると、兆単位のコストが生成しますね。プロバイダ産業を行うなら、まずは総務省に通信事業家としての許可を受けなくてはいけないと思いますけど。

光通信網のこれからの広がり

NTTはじめ大方のキャリアで光通信幹線系工務が終結しています。後部は一番儲からない&振り回される、引込系くらいですから、特需は確実にありますが、ハッキリ言って、才能を持ったエンジニア(業者)がすべて、忌避して逃げ回っているんです。

アマチュアを1年で養成なんて言ってるあたり、まさにアマチュア思考です。かじった度合いのビギナーが、よくそういうなあ(圧勝で覚える)言いますが、上級ななりわい迄きっちりやって、国交省あたりにデータを出せるレベル位迄やりこむと数量年かけても難しい(養成)なあに気付きます。

連絡契機が100零、OTDRが100零度合いは決意しないと。いまどき持ちで覚えようなんて業者は甘いですよ。せめてメーカーか電力系の講習会に出させるべきです。

ISDNは本当に光通信ファイバを使っています。目下、世界で言う「光回線」とはFTTHのなあで「光線ファイバを使っている=光回線」ではありません。ADSLは電話回線を使っていますが、同じく電話回線を使った「ダイヤルアップ連絡」もあります。あのと同じで、伝送に使うケーブルが同じでも伝送仕方などによってピッチは変わります。

FTTPは光線回線を意義します。NTTからご自宅までの回線が光線ファイバの年代、FTTPでの協約が入り用になります。速さは、目下最速と言われますが、日本の光ファイバー実態から、NTTとご自宅の合間に、ほかのFTTP契約者がいると、速さが目減りするねもあります。

日本の通信実態で、FTTPが一番速いと思ってください。もちろん、NTTやYahooなどの協約料や毎月の利用代価も一番高いです。さらに、NTTの光線施設がない地区は、協約できません。この時、ご自宅に、ONUという施設を、NTTなどの回線協約会社から、賃貸するなどの入り用があります。毎月5000円くらいから1五円くらいです。

ADSLは、通常の電話回線で、奴の耳に聞こえない折で通信します。ですので、施設を光りに引き換えるするねもなく、インターネットできるというねです。ただし、NTTの引き換える局から離れれば離れるほど、ピッチが落ちます。マレに、未だにADSLが使えない地区もあります。この時、ADSLモデムという機器をYahooなどの回線協約会社から賃貸する入り用があります。毎月2000円くらいから5000円くらいです。ただしテレフォンの基礎利用料は別個です。

ISDNは、普通の電話回線がアナログなのに対し、デジタルで交換機と通信しています。目下ではADSLが8Mとか40Mなのに対し、ISDNは数量K度合いの速さなので流布していません。しかし、目下の電話回線をあたかも2本にするという利点もあります。例えば、ご自宅で、テレフォンとFAXの2つの電話回線があるなら、どので1つにできます。どのは、INS64という協約です。

どのに対し、INS1500という協約もありました。どのは光線ファイバを使用する物品で、中小企業などが使っていました。ISDNは、ADSLが使えない地区など、ISDNの協約が可能な地区で使われています。この時、ご自宅には、TAとDSUという機器を設立する入り用があります。毎月、5000円くらいです。基礎利用料はテレフォン別個で、1.5倍くらいです。

回線速さの比するとすれば、一概には言えませんが、こんなイメージです。FTTP>(または=)ADSL>ISDNというイメージです。通信協約の値は、FTTP>ISDN>ADSLというイメージです。国内の利用者数量では、ADSL>FTTP>(または=)ISDNというイメージです。


since2010 © fork in the head